自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

洗濯機購入のポイント 〜 『長持ちするメーカー』を店員さんに聞いてみた

f:id:teihanpatsu87:20170326201347j:plain

 

つい先日、エアコンが壊れて買い替えをしました。

 

取り付け工事も終わり、やれやれ〜と思っていたのも束の間、後を追うように洗濯機が壊れるという不測の事態が発生。

 

これも必需品なので、すぐに買い替えなくてはなりません(泣)。

 

そんなわけで、またしても近所のケーズデンキへ足を運ぶことになりました。

 

前回のエアコンと同様に『長持ちするメーカー』など、業界事情を探ってみたので書いておきます。

 

洗濯機の種類

 

まず洗濯機を選ぶにあたって基本的なことから抑えておきましょう。

 

家庭用洗濯機には大きく分けて3種類あります。

 

 

【 2層式洗濯機 】

 

洗濯槽と脱水槽が別になっているタイプで『使い方が簡単で壊れにくい』のが特徴。

 

操作はダイヤル式が多く、説明書などいちいち読まなくても使えます。

 

構造もシンプルで故障は少ないですが、洗濯が終わったら脱水槽へ移さなくてはならないのが難点。

 

しかし『簡単』『丈夫』を第一に考えるなら、2層式洗濯機が1番でしょう。

 

家電業界での呼称は『にそうせん』。

今では一部メーカーしか製造しておらず、販売店でも取り寄せになることが多いです。

 

 

【全自動洗濯機】

 

2層式洗濯機の次に普及したのが、1つの層で洗濯〜脱水まで行うタイプ。

 

洗濯槽から脱水槽へと移す手間が省けるので、2層式洗濯機よりも楽チンで省スペースになりました。

 

最近では『風乾燥機能』付きもあり、ちょっとだけ乾燥のお手伝いもしてくれます(完全には乾きません)。

 

家電業界での呼称は『ぜんじせん』、風乾燥のことを『ちょいかん』と呼ぶこともあります。

勘違いされやすいですが、家電業界で『全自動洗濯機』と呼ばれるものは温風乾燥の機能が付いていません。乾燥機能まで付いているものは、次項の『洗濯乾燥機』です。

 

 

【洗濯乾燥機】

 

文字通り洗濯から乾燥まで出来るタイプで、全自動洗濯機に乾燥機能が加わったもの。

 

これには『縦型』と『横型』があり、それぞれ長所・短所があります(いわゆる『斜めドラム』と呼ばれるものは横型に分類)。

 

洗濯〜脱水〜乾燥まで自動でやってくれますが、天日干しや乾燥機(専用)と比べると仕上がりは劣ります。

 

家電業界での呼称は『せんかん』。

縦型のものを『たてせん』、横型のものを『よこせん』と言うこともあります。

 

 

これを踏まえた上で比較・検討すると、価格帯の違いも分かりやすいでしょう。

 

以下、最近主流の『洗濯乾燥機』についてポイントをまとめてみます。

 

 

壊れにくい洗濯機メーカーはどこ?

 

いざ洗濯機を購入するとなると、気になるのが耐久性です。

 

生活必需品なので頻繁に壊れてしまっては困りますからね。

 

ということで、思い切って店員さんに聞いてみました。

 


「洗濯機で故障やトラブルが少ないのは、どのメーカーですか?」

 


すると一瞬悩んだ後、

 


「ここだけの話・・・パナソニックと日立はトラブルが少ないですよ」

 


と、小声で教えてくれました。

 

この2社はモーターが強いらしく、購入後の問い合わせが少ないのだとか。

 

どちらも個人的には好きなメーカーなので、この2社に絞って案内してもらいました。

 

 

洗濯乾燥機は、縦型・横型どちらが良い?

 

f:id:teihanpatsu87:20170326201732j:plain

 

既述の通り、洗濯乾燥機は大まかに『縦型』と『横型』の2種類あります。

 

それぞれ店員さんに教えてもらった長所・短所をまとめてみました。

 


・縦型のほうが、洗濯物の出し入れが容易。

 

・横型は重量があるため、木造の古い住宅には設置出来ないことも。

 

・洗浄力は縦型のほうが高い。汚れ落ちが気になるなら縦型がオススメ。

 

・乾燥にこだわるなら横型。シワになりにくく、ふんわりと仕上がる。

 

・横型は乾燥時間が短く、電気代も安い。

 

・乾燥機能は、衣類に優しい『ヒートポンプ式』が主流になりつつある。

 

・洗濯容量より乾燥容量の方が小さいので、乾燥容量を目安に洗濯機の大きさを選ぶ必要がある。

 

・同程度の容量や機能で比較すると、本体価格は縦型の方が安い。

 


ざっと聞いたことを並べてみましたが、どちらを選ぶかは個々の事情や好みによるでしょう。

 

ちなみに私は、日立の縦型洗濯乾燥機『ビートウォッシュ』を選びました。

 

洗浄力が高いことや、縦型のほうが長持ちしそうだったので。あと予算も(苦)・・・。

 

 

あとがき

 

洗濯機の買い替えサイクルは、最近だと大体10年前後だそうです。

 

我が家の洗濯機は9年で故障したので、まぁ寿命だったのかも・・・。

 

まだ壊れていない方も、使用年数を確認してみると良いかもしれません。

 

故障してからの買い替えだと慌ただしいですし、数日間は洗濯出来なくなりますからね。

 

以上、これから洗濯機を購入される方の参考になれば幸いです。

 

 

 

jikosekininn.hatenablog.com