読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

エアコン購入のポイント 〜 『長持ちするメーカー』で選んでみた

家電 企業 雑記

f:id:teihanpatsu87:20170319200949j:plain

 

数日前にエアコンのランプがエラー点滅し、急に動かなくなってしまいました。

 

『コンセントを入れ直してみる』という原始的な方法で一旦は復旧したものの、翌日また同じ症状が発生。

 

メーカーへ問い合わせたところ

 

「出張修理に約3〜4万円かかる」

 

と言われたので、思い切って買い換えることにしました。

 

買い換えに伴い、店員さんや工事屋さんから有益な情報を聞くことが出来たので以下にご紹介します。

 

これからエアコン購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

大型家電を選ぶ大事なポイント

 

f:id:teihanpatsu87:20170319201026j:plain

 

いわゆる『大型家電』と呼ばれる冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどは、長持ちするのが当たり前。10年、いや20年使い続けることも珍しくありません。

 

ですが今回故障したエアコンは購入からわずか8年。寿命と言うには少し早い気もします。

 

とはいえ修理して使い続けるには微妙な年月が経っているし、特価品だったので仕方ないかなとも思ったり・・・。

 

そう考えると大型家電を選ぶ時に気になるのは『どれくらい長持ちするか』ですよね。

 

性能や価格も重要ですが、生活必需品である以上『トラブルがない』のが1番のポイントです。

 

 

壊れにくいエアコンメーカーはどこ?

 

f:id:teihanpatsu87:20170319201107j:plain

 

今まで使っていたエアコンは『富士通ゼネラル』製。

 

次は別のメーカーにしたいと思い、最近の家電事情を知るため近所のケーズデンキへ向かいました。

 

もともと家電業界にいたので機能や性能の違いは分かっているつもりですが、『頑丈さ』まではインターネットやカタログを見ても分かりません。

 

せめて10年以上は使い続けたいなと思い、店員さんに思い切った質問をぶつけてみました。

 


「1番故障が少ないエアコンメーカーってどこですか?」

 


こういう聞き方をすると意外に本音が聞けるものです。

 

そして店員さんがオススメしてくれたのは『三菱』と『ダイキン』でした。

 

理由は以下の通りです。

 


1.コンプレッサー(エアコンの重要な部品)を自社で製造している。

 

2.全機種に基盤のコーティングがされているので電気系統のトラブルが少ない(塩害は別)。

 

3.業務用エアコンを手掛けており、どちらも空調メーカーとして超一流。

 

 

なるほど、こういうことって店員さんから直接話を聞かないと分からないものです。

 

ということで2社に絞り込んで、性能と価格を検討しました。

 

最終的にはどちらでも良かったのですが、フィルターの性能が良さそうなダイキンを購入。

 

しかもあとでネットを見てみたら、価格.comの最安値より安い値段でした。さすがケーズデンキ

 

 

工事屋さんに聞いた『長持ちするエアコン』とは

 

f:id:teihanpatsu87:20170319201204j:plain

 

取り付けに来てくれた工事屋さんがとても気さくな方で、色々と話をしました。

 

そこでもタメになる話が聞けたので書いておきます。


工事屋さんの話では「最近のエアコンは寿命が短い」そうです。

 

冷暖房だけではなく色々な機能が付いているので、昔に比べると仕組みが複雑になっているのだとか。

 

なので長持ちするエアコンを選ぶなら、ズバリ『性能が低い機種』の方が良いそうですよ。

 


話は逸れますが、我が家を建てた時に3台のエアコンを取り付けました。

 

そのうち最も早く故障したのが、1番値段の高い機種です(笑)。

 

フィルターの自動お掃除機能付きだったのですが、それが壊れて大きな異音が発生。冷暖房は出来ましたが、あまりにもうるさくて使えませんでした。

 

保証期間内だったのでスグに直してもらいましたが、まさに工事屋さんの言う通りですね。

 

こうしたことはエアコンに限らないのでしょうが、『機能が多いほどトラブルも多い』という当たり前のことに気付かされました。

 

 

家電量販店を上手に活用しよう

 

f:id:teihanpatsu87:20170319201349j:plain

 

家電量販店で『オススメ機種』とか『お買い得品』なんて質問をすると、店が売りたい機種を勧められることがあります。

 

例えば、

 

・メーカーキャンペーンの対象機種(販売店にリベートなどの利益がある)

 

・家電量販企業のオリジナルモデル(プロパー機種に比べて利益率が高い)

 

・在庫が余っている商品(言い換えれば売れない機種の可能性もある)

 

など々々。

 


しかし今回のように『長持ちするメーカー』とか『トラブルが少ない機種』という質問をすれば、意外な情報が引き出せます。

 

あるいは接客してくれた店員さんが『使用しているメーカー』とか聞いてみると、本音が出るかもしれませんね。

 


最近ではネット通販がシェアを伸ばしていますが、量販店を上手に活用すればより良い買い物が出来ます。

 

ネット最安値を調べたり、価格交渉だけのために店を回るのは感心しません。

 

商品についてプロの意見をきちんと聞けば、きっと『お値段以上』の満足感が得られると思いますよ。

 

 

 

jikosekininn.hatenablog.com

 

 

jikosekininn.hatenablog.com

 

 

 

広告を非表示にする