読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

ほろ苦い登山日記 『山に登りたい』

f:id:teihanpatsu87:20170202205355j:plain

 

茨城県では、ここ2〜3日ほど暖かい日が続いています。

 

天候も晴れの日が多くて、日中は上着がなくても外を歩けるほどの陽気。

 

そんなポカポカの昼下がりに、ふと

 

「山へ登ってみたい」

 

と、思いつきで山へ行ってみることに。

 

しかし登山の経験などなく、もちろん何の知識も装備も持ち合わせていません。

 

私は計画もなく行動するタイプなので「とりあえず着いてから考えよう」と向かったのです(笑)。

 

まぁ、案の定ただの『散歩』になってしまいましたが、少し登山に興味が湧いたので備忘録として書き記しておきます。

 

 

とりあえず近くの山を探してみる

 

いざ山へ登ると言っても、登山の知識など全くない私。

 

ひとまずスマホで『登山』『茨城』などとググってみると、初心者向けと称した山がいくつか紹介されているページを発見しました。

 

そのなかでも、近場で標高が低い山を探して選んだのが

 

『風神山』

 

という標高241.9mの低山。

 

しかも散歩感覚で歩けそうなことが書いてあったので、私のような無謀者にはうってつけです。

 

ということで、さっそく車を走らせてみました。

 

 

風神山へ到着

 

iphoneのグーグルマップをたよりに向かうと、ご丁寧に駐車場まで誘導してくれました。

 

県道から山道へ入ると急勾配な道が続いていて、しかも対向車が来たらすれ違うのは困難な車幅です。

 

いかにも〜な山道をヒヤヒヤしながら走らせ、駐車場へ到着。

 

f:id:teihanpatsu87:20170202205623j:plain

 

車を降りるとかなり高い場所で、眼下には日立市の街並みと太平洋が見渡せます。

 

この駐車場の高さで、すでに5合目以上は登ってるだろうなと思いながらも山道を歩いてみることにしました。

 

 

あえなく登頂成功?

 

看板があったので、それを頼りに山へ入ってみることにします。

 

f:id:teihanpatsu87:20170202205932j:plain

 

ちなみに服装はジーンズにダウンジャケット。

 

靴はスニーカーで、持ち物は携帯のみという身軽さ。

 

まるで近所のコンビニへタバコを買いに行くかのような格好です。

 

もし近くに登山家がいたら「山をナメるな!」と本気で怒られそうですが、幸いにも周囲に人影は見当たりませんでした。

 

駐車場からスグの場所にはこんなオブジェがあり、まるで公園のよう。

 

f:id:teihanpatsu87:20170202210438j:plain

 

少し先へ進むと登山道らしくなりますが、さほど険しくはありません。

 

そして駐車場から歩くこと約5分。

 

f:id:teihanpatsu87:20170202210752j:plain

 

 

Congratulation 〜 登頂成功!!

 

 

って、いやいやちょっと待て。

 

ほとんど登ってないし。

 

駐車場の位置が高すぎるだろ・・・と思いながらも、なんとなく満足。

 

ここはやっぱりお約束の

 

「ヤッホー」

 

って、言ったとか言わなかったとか(いや言ってません)。

 

しかし頂上といっても、周りは木が覆い茂っていて景色がよく分かりませんね。

 

f:id:teihanpatsu87:20170202211027j:plain

 

 

思わぬ事態が・・・

 

さて頂上らしき場所から、さらに奥へと山道は続いてます。

 

どうやら神社などもあるようですね。

 

f:id:teihanpatsu87:20170202211313j:plain

 

まだまだ歩き足りなかったので、もう少し先へ進んでみることに。

 

と、その時です。

 

『ぐるるるぅぅぅ』

 

 

Emergency 〜 緊急事態発生!!

 

 

なんと腹が痛くなり、便意をもよおしてしまうという・・・。

 

自然いっぱいのマイナスイオンが、どうやら腸の動きを活発化させたようです。

 

さすがにその場で放出するわけにいかず、やむなく駐車場へ引き返すことに。

 

しかも駐車場のトイレがあまりにも汚すぎたため、そのまま車へ乗り込み急いで下山することになりました。

 

 

あとがき

 

そんなわけで30分にも満たない滞在時間でしたが、また日を改めてチャレンジしたいと思います。

 

山というのは不思議な魅力があるようで、これが大きな山だったなら喜びもひとしおなのでしょう。

 

装備を整えながら、少しずつ高い山に挑戦したいなと思いました。

 

これから徐々に暖かくなるので、山の上から夜空を眺めたりするのもいいかもしれませんね。

 

ちょっとハマりそうな予感のする、行き当たりばったり登山体験でした。

 

 

 

広告を非表示にする