自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

iQOS(アイコス)の調子が悪い時は自己診断をしてみよう

f:id:teihanpatsu87:20161113222953j:plain

 

先日、iQOSが調子悪くなってどうしよう…という記事を書きました。

 

jikosekininn.hatenablog.com

 

 

その後、問題が解決しましたので経過についてまとめたいと思います。というのも、iQOSサポートの対応がとても早くて満足のいくものだったからです。

 

 

iQOSユーザーの方は、ぜひ公式ページで会員登録と製品登録をしておきましょう。

 

*iQOS公式 : https://www.iqos.jp/

 

 

以下、公式ページを通じてのやりとりをレビューしていきます。

 

 

iQOSの保証について

 

もともとiQOSの保証期間は6ヶ月です。同梱の保証書にも記載されています。

 

ただし、公式サイトで製品登録を『購入後2週間以内に』すれば1年に延長されます。

 

これはたしかコンビニの店頭にある冊子で見たのですが、説明書や公式サイトでは特に『2週間以内』という記載は見当たりません。

 

いずれにせよ、キャンペーン値引きなどを受ける際にも会員登録が必要となります。まず会員登録をして、iQOSを購入したら製品登録もしておきましょう。

 

前回の記事でも書きましたが、iQOSは不具合や故障が多いようです。私のように6ヶ月が過ぎたところで調子が悪くなった、ということもあり得ますので登録しておいた方が良いですよ。

 

ちなみに会員登録は身分証による本人認証が必要で、少し時間がかかります(私は4〜5日かかりましたが、今はもっと早いかも)。

 

そして製品登録ですが、ホルダーとチャージャーの製品番号はそれぞれ別に記載されています。

 

ホルダーの製品番号はキャップを外した場所に記載されていますが、キャップを外したり装着したりという動作で擦れて消えてしまいます。

 

あらかじめ控えておくか、早めに公式サイトで登録をしておきましょう。

 

 

iQOSの公式サイトで自己診断が出来る

 

不具合が発生した場合はカスタマーセンターへ電話、あるいはEメールで問い合わせが可能です。

 

しかし事前に公式サイトで『自己診断』をしておくと、より簡単に手続き出来ます。

 

自己診断はフローチャート式で進んでいき、回答を選択していくだけです。

 

方法を以下の通り記しておきます。

 


①まず公式サイトへログインし、上部メニューから『My Account』を選択します。

 

f:id:teihanpatsu87:20161113224401j:plain

 

 

②画面を下へスクロールし『あなたのiQOSをすべて見る』をクリック。

 

f:id:teihanpatsu87:20161113224614j:plain

 

 

③登録したデバイスが表示されるので、その右側にある『故障かなと思ったら』をクリック。

 

f:id:teihanpatsu87:20161113224834j:plain

 

 

あとは自己診断のページであてはまる症状をクリックしていくだけです。

 

もし自己診断をやって

 

『あなたのiQOSには不具合があるようです。』

 

と診断されたら、そのまま『送信』をクリックすればOK。

 

f:id:teihanpatsu87:20161113225016j:plain

 

 

しばらくするとiQOSカスタマーセンターから回答メールがきます。

 

私の場合は、iQOSホルダーを交換してくださるとのことでした。

 

メールに、氏名・住所・電話番号・製品番号・受け取り希望日時を入力して返信すれば完了です。

 

その後、改めてiQOSから商品を送付する旨の返信が来ます。

 

以上、とても簡単に手続きが出来てしまいました。あっけない・・・。

 

電話やメールでやりとりするよりも、この自己診断を利用した方がスムーズにいくと思いますよ。

 

 

交換品到着

 

後日、ヤマト便で荷物が届きます。私は指定日が早すぎたのか、受け取り希望日時の翌日に到着しました。最初にメールを返信してから5日後です。

 

f:id:teihanpatsu87:20161113225151j:plain

 

 

箱を開けると、梱包箱がそのまま返送に使えるようになっており、送り状まで貼付されていました。もちろん送り主(私)も印字済みですので、何も記入する必要はありません。

 

f:id:teihanpatsu87:20161113225317j:plain

 

 

ご丁寧に箱・説明書付きで、新品のiQOSホルダーが送られて来ました。

 

f:id:teihanpatsu87:20161113225425j:plain

 

 

交換品を取り出したら、今まで使用していたiQOSをポイッと入れて集荷してもらうだけです。

 

f:id:teihanpatsu87:20161113225626j:plain

 

 

可能であればヤマトのドライバーさんに少し待ってもらい、その場で回収してもらうと良いでしょう。箱にも書いてありますが、緩衝材で包む必要はありません。

 

到着してから返送までの手配もシンプルでした。

 

 

交換した商品の保証

 

交換品が届いたら、忘れずに新しいiQOSを製品登録しておきましょう。

 

自己診断の項で説明した『My Account』から追加登録が出来ます。返送した製品情報は残しておいても構わないと思いますが、私は削除しました。

 

ちなみに交換したiQOSの保証についてですが、保証書によると

 

『交換した場合は、保証期間の残存期間または交換の日から60日間のいずれか長い期間、保証を提供します』

 

とのこと。

 

つまり交換前の保証期間が継続しているという解釈で良いでしょう。あるいは保証期間の1年ギリギリで交換した場合は、そこから60日間ということですね。なかなかどうして手厚い保証ではないでしょうか。

 

ということで一時はどうしようかと思いましたが、あっけなく交換手続き完了です。

 

iQOSはまだ初代の製品なので、不具合が多いのは仕方ないのかもしれません。むしろその後のサポートがしっかりしていることに好感が持てました。

 

 

あとがき

 

交換してもらった新しいiQOSホルダーで早速吸ってみたのですが、味がクリアでした。

 

今までも定期的にクリーニングしながら使用していたのですが、ホルダーのパフォーマンスが徐々に落ちていたのかもしれませんね。

 

そう考えると、iQOSの耐用年数(1日20本として約1年)ごとの買い替えはやはり必要なのでしょうか。コスパを考えると、もう少し長持ちしてほしいものです。

 

今回せっかく交換して頂いたので、今しばらく使いながら改良版が開発されることを期待したいと思います。

 

 

広告を非表示にする