読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

くら寿司の『牛丼を超えた牛丼』があまりにも××かった。一体なにを『超えた』のだろう?

f:id:teihanpatsu87:20161105011503j:plain

 

先日のニュースで、回転寿司チェーンの『くら寿司』が牛丼を販売すると報じられていました。

 

記事を読むと自信満々の様子で、しかも370円(税抜き)という安さ。

 

これを牛丼大好物の私が見逃すわけにはいきません。

 

ということで早速食べてみたので、ひとこと言わせて頂きます。

 

 

『残念』としか言いようがない

 

いきなり結論めいた見出しですが、私は途中で食べるのやめました。

 

理由は以下の通りです。

 

・甘すぎる

 

・肉が少ない

 

・肉の味がしない

 

・玉ねぎの匂いしかしない

 

・ご飯がボソボソしている

 

つまり牛丼と呼ぶにはどうかと。

 

サイドメニューなので、寿司と一緒に食べれば美味しいのかなぁ。

 

私は牛丼だけを目当てに行ったので、正直言って『がっかり』しました。

 

 

6年かけて開発?

 

発表によれば、この『牛丼を超えた牛丼』の開発には6年かかったそうです。

 

寿司屋らしく『魚介だし』を使用しているそうで、約2万杯・500種類もの試作品を作って『牛丼専門店にも負けない牛丼』を目指したとのこと。

 

しかし実際に食べてみて最初に感じたのは

 

『餅は餅屋』

 

だということ。

 

なるほど6年かけたというだけあって『だし』は独特でした。でも甘すぎるでしょ!。

 

そもそも寿司の評判が良くないのだから、そちらに注力したほうが良いのでは?と思うのは私だけでしょうか。

 

 

それ以外にも???なメニューが

 

私は回転寿司もたまに利用するのですが、近所にある寿司チェーンの中で『くら寿司』だけはほとんど行きません。

 

なぜなら他の寿司チェーンの方が美味しいから。

 

一番好きなのは『魚べい』ですね。最も新鮮で美味しいと思います。

 

さてそんな『くら寿司』ですが、メニューを見てみると???な感じのサイドメニューが多いです。

 

いっそ『怖いもの見たさ』で注文してくれるのを狙ったような・・・

 

例えば『シャリコーラ』とか『シャリカレー』など。味の想像がつきません。

 

私はもちろん食したことがないのでコメントは控えます。

 

 

あとがき

 

以上、ちょっと期待していただけに残念です。

 

この牛丼はサイドメニューなので、前述の通り寿司を食べるついでに食すと合うのかもしれません。

 

なんだか否定的なコメントばかりになってしまいましたが、寿司にしろ牛丼にしろ行くたびに裏切られるので、くら寿司はもういいかな。

 

消費者が寿司屋に求めるものと、牛丼屋に求めるものでは違うので、むしろ本業で頑張ってほしいです。

 

まぁ好みは人それぞれと言ってしまえば、それまでですが。

 

 

 

 

広告を非表示にする