自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

100円ショップの『タブレット用簡易防水ソフトケース』を検証してみました

f:id:teihanpatsu87:20160904211832j:plain

 
最近の100円ショップは品揃えも大変豊富で、思わぬ掘り出し物が見つかったりします。
 
今回『おや?』と気づいてしまったのが、『タブレット用簡易防水ソフトケース』です。
 
これはお風呂大好きな私にとって見過ごせない商品。早速購入して試してみました。
 

商品の概要

 
こちらの商品ですが、パッケージには大きく『iPad miniなどに使えます』と書かれています。
 

f:id:teihanpatsu87:20160904212304j:plain

 
裏面に収納物の大きさが記されていますが、縦202mm以下 × 横148mm以下となっているので、概ね7〜8インチサイズのタブレットであれば入りそうです。
 

f:id:teihanpatsu87:20160904212324j:plain

 
素材はナイロン・ポリエチレンで、耐熱温度70℃・耐寒温度−10℃となっています。お風呂で使用するには十分ですね。
 
食材を保存するときに利用する『ジップロック』という商品がありますが、あれを想像してもらえれば分かりやすいと思います。
 
 

防水性能

 
気になる防水性能ですが、残念ながら日本工業規格(JIS)で定められている保護等級などの表記はありません。
 
パッケージには『完全な防水ではありません』とだけ記されています。
 
ケースの出し入れは『Wチャック構造』となっており、密封性に優れているようです。
 

f:id:teihanpatsu87:20160904212543j:plain

 
今回は、ほとんど使われずに自宅で眠っていた『Nexus7』で実際に使用してみました。
 
まず浴室内でシャワーをかけてみたのですが、問題なく動作しています。
 

f:id:teihanpatsu87:20160904212841j:plain

 
音もちゃんと聞こえますし、タップやスワイプといった操作も快適です。濡れた手で使用してもストレスは感じられませんでした。
 
ここまでは表記通りの性能と言えます。
 
 
 
 

ちょっと実験してみます

 
パッケージに『水の中には絶対入れないでください』と書いてあるのですが、そう言われるとやってみたくなるのが人間の心理です。
 
『ペンキ塗りたてにつき触らないでください』と書いてあると、つい触ってしまうのと同じです(私だけ?)。
 
ということで、
 
水の中に沈めてみることにしました。
 
注)マネしないでください
 

f:id:teihanpatsu87:20160904213333j:plain

 
浴槽に少しお湯を溜めて、そこへケースごとタブレットを入れます。
 
写真では分かりづらいと思いますが、浴槽の底から10cmほどお湯を溜めています。
 
そのままだと浮いてきてしまうので、身近にあったシャンプーを重しにして浴槽の底へ沈めてみました。
 
途中でスリープ状態になってしまったのですが、30分後に浴槽から出して電源を入れたところ・・・
 

f:id:teihanpatsu87:20160904213658j:plain

 
問題なく動作しました!!
 
思いのほか防水性能は高いようです。
 
ということで、誤って湯の中に落としてしまっても問題ないレベルであると言えます。
 
注)くれぐれもマネしないでください
 
 

全体的な使用感

 
100円ショップの商品にしては、しっかりしていると感じました。ただし長期間の反復使用はあまり好ましくないでしょう。
 
ケースは柔らかい素材なので、おそらく数回使用しているうちに破けたり穴が開いてしまったりすると思います。日常的に使用するのであれば、防水性能の高いものを購入したほうが良いかもしれません。
 
操作性は問題ありませんでした。ただし画面にシャワーをかけると反応してしまうようで、指で触れていないのにアプリが起動してしまったりということがありました。
 
シャワーのかからない場所に置いて、動画を見たりするような使い方であれば問題ありません。
 
あとは風呂上がりに拭くのが面倒なことぐらいでしょうか。
 
一長一短ありますが、総合的に判断するならば私個人的には『買い』です。
 
こんな面倒なことをしなくても最近では防水タブレットも発売されていますので、本格的にお風呂で使いたいのならそちらを購入した方が良いでしょうけど。
 
秋の夜長にお風呂でのんびり過ごしたい、という方にはオススメですよ。
 
 
*関連記事
広告を非表示にする