読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

無料ソフト『MacClean3』を使用してみました。マックの動作に不安を感じたら試してみると良いかも。

家電 雑記

f:id:teihanpatsu87:20160830185346j:plain

 
ここ最近、私の愛用しているMacBook Proの動作が鈍くなっていることに不安を感じていました。
 
特に気になっていたのが、インターネットへ接続している時の表示速度。ものすごく遅くなることがあったり、また時々表示される『フィッシングサイト』にも悩まされていました。

 

そこで、色々とサイトを回って辿りついたのが『MacClean3』という無料のメンテナンスソフトです。さほど悪い評判も見当たらなかったので、さっそく使ってみました。
 
以下にダウンロードから利用までの手順を記してみましたので、気になる方は参考にしてみて下さい。
 
 

MacClean3のダウンロード

 
まず『MacClean』のサイトへアクセス。
 
 

f:id:teihanpatsu87:20160830185854j:plain

 
 
 
『無料ダウンロード』をクリックするとダウンロード開始。
 

f:id:teihanpatsu87:20160830190046j:plain

 
 
 
インストールの手順はページにも書いてある通り。すぐに終わります。
 

f:id:teihanpatsu87:20160830190246j:plain

 
 

MacClean3の使い方

 
起動すると、以下のような画面になります。
 
左側のサイドメニューには『クリーンアップ』と『ユーティリティ』というメニューがありますが、今回はクリーンアップ・メニューのなかにある4つの項目(赤枠)を実行しました。
 

f:id:teihanpatsu87:20160830190736j:plain

 
 
 
それぞれの項目をクリックし『スキャン』→『削除』→『完了』と進んでいくと、不要なデータを取り除くことができます。
 

f:id:teihanpatsu87:20160830191101j:plain

 

f:id:teihanpatsu87:20160830191227j:plain

 

f:id:teihanpatsu87:20160830191403j:plain

 
以上です。とても簡単ですね。
 
 

ウィルススキャンも可能

 
5つ目にある『セキュリティ問題』という項目は更にインストールが必要になりますが、ウィルススキャンも可能です。
 
ただしこれは、他のウィルス対策ソフトを利用していれば実行する必要はなさそうです。
 
私は『カスペルスキー』を利用しているのでスルーしましたが、もしウィルス対策ソフトをインストールしていなければ使用してみても良いかもしれません。
 
常駐・監視してくれるソフトではないので、ウィルス対策には専用のソフトを利用したほうが良いですよ。
 
 
 
 
 

『ユーティリティ・メニュー』は必要に応じて使用

 
他にも便利な機能が備わっており『クリーンアップツール』や『最適化ツール』など、ディスクの中をきれいにするために必要なツールもあります。
 
ディスク容量が気になる方は、これらを使用するのも良いでしょう。
 
私が今回使用したのは、最適化ツール内にある
 
 ・iPhotoクリーンアップ
 
 ・バイリリムーバー
 
の2つ。ジャンクファイルだけ削除しました。
 
それ以外の項目は、あくまで必要に応じての使用で良いと思います。
 
 

まとめ

 
今回『MacClean3』を使用した理由は、冒頭に記した通り
 
・インターネット接続時の表示速度が遅い
 
・時々フィッシングサイトが表示される
 
の2点を解消したかったからです。
 
結果としては、ネット接続時の動作が少し軽くなりました。ジャンクファイルを削除したことが良かったのでしょうか。
 
フィッシングサイトについては、再現性が乏しいので解消されたかどうかの判断がつきません。ただし『MacClean3』を使用してからの数日間は表示されていないので、ひょっとして動作が遅かったことと関連性があるのかも…。
 
ということで、この『MacClean3』は個人的にオススメです。
 
ただし無料ソフトですので、予期せぬ不具合が生じる可能性もゼロではありません。大切なデータはバックアップしてから使用するようにしましょう。
 
なおマックの不具合は、ツールを使用せずとも『セーフブート』や『 SMCリセット』等で改善してしまうこともあります。
 
これらはApple公式のHPで手順が確認出来ますので、まずはそちらを試してみるほうが安全にリカバー出来ますよ。
 
 
広告を非表示にする