読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

【続報・危険】2016年年次訪問者調査『Safari:ユーザー調査』に注意

f:id:teihanpatsu87:20160826140649j:plain

 

以前に、以下のような記事を書きました。
 
この時は途中まで進むと『サーバーが見つかりません』とリンクが途絶えていたので、それ以上は気にしていませんでした。
 
しかし今回は少し進展がありましたので、続報として記しておきます。
 
間違いなく危険なことが判明しましたので、くれぐれもマネしないで下さいね。

 

『年次訪問者調査』とは?

 
これはインターネットを閲覧していると、突然画面が遷移して
 
『本日のラッキーな訪問者はあなたです』
 
という画面が表示されてアンケートを促すというものです。
 

f:id:teihanpatsu87:20160818173354j:plain

 
どのようなキッカケで表示されるのかわかりませんが、今回はニュース記事を閲覧している最中に突然画面が遷移しました。
 
ネットでの報告例を見ていると、ブラウザは『safari』と『chrome』が圧倒的に多く、また信じられないことにパソコンだけではなくi-phoneでの発生事例もあります。
 
最終的には特典をエサにして、個人情報・クレジットカード番号を入力させるという典型的な『フィッシング詐欺』です。
 
 

アンケートの先には『トロイの木馬』が!?

 
さて前回はアンケートを最後まで答えても、特典の画面までたどり着けませんでした。
 

f:id:teihanpatsu87:20160818173652j:plain

 
 
しかし今回、特典を受け取れるところをクリックしたところ・・・ 
 

f:id:teihanpatsu87:20160826141858j:plain

 
『ここをクリック→』というボタンをクリック。
 
 

f:id:teihanpatsu87:20160826133935j:plain

 
なんと、あの有名なウィルス『トロイの木馬』が潜んでいるとのこと!!『カスペスルスキー』が無事に検出してくれました。
 
さすがにこれより先へは進みませんでしたが、今までの報告事例と少し手口が変わってきているようですね。
 
ウィルス対策ソフトがインストールされていなかったら・・・と考えるとゾッとします。
 
 
  

念のため、ウィルスチェックを実施

 
未然に防いでくれたものの少々不安もあったので、この直後にウィルスチェックを開始。
 

f:id:teihanpatsu87:20160826134427j:plain

 
完全スキャンなので30分ほどかかりましたが・・・
 
 

f:id:teihanpatsu87:20160826134703j:plain

 
無事でした!!さすがカスペルスキー。評価が高いソフトだけあって良い仕事をしてくれます。
 
 

サイトの内容が少しずつ変化している?

 
この『年次訪問者調査』というサイトですが、色々な人の体験談を見ていると割と最近出来たようで、2015年から発生していると思われます。
 
アンケートは同じでも特典内容が違ったり、私のように個人情報を入力する手前でウィルスが検出されることもあります。
 
発生頻度も人によって違うようで、年々巧妙化しているのかもしれませんね。
 
しかも私が以前に記事を掲載してから、当ブログへの検索流入が一気に増加しました。しかも僅かな期間で増え続けていることを考えると、今現在も多く発生しているのでしょうか(もともとのPV数が少なすぎることはさておき…)。
 

f:id:teihanpatsu87:20160826135321j:plain

 
検索流入キーワードは
 
safari ユーザー調査
safari 2016年年次訪問者調査
・詐欺 年次訪問者調査
 
など々々。
 
手口が変化していくことで、被害が増え続けているとすれば厄介ですね。
 
 

実際に被害はあるのか?

 
ネット検索したところ、個人情報を入力してしまったことによる被害もあるようです。私は入力もしていませんし、ウィルス対策ソフトのおかげで未然に防げているので今のところ被害はありません。
 
おそらく該当のウェブ画面から、直接個人情報を入力していなければ大丈夫だと思います。これに類する画面が表示されたら、そのままウェブを一旦閉じてしまいましょう。
 
もし入力してしまったら、泣き寝入りをせずクレジットカード会社へ連絡を入れたほうが良いです。
 
カード会社によって対応は違いますが、内容を調査した上で損害を補償してくれる場合があります。また報告が早ければ未然に請求を止めることも可能です。
 
銀行口座の場合も同様です。
 
まず銀行へ連絡しましょう。個人口座なら『預金者保護法』に従い補償される可能性が高いです(法人口座は対象外)。
 
 

あとがき

 
こうしたフィッシング詐欺は主にメールを通じての手口が多かったのですが、最近は巧妙化しているようです。特にウィルスに強いとされてきた『Mac』や『i-phone』でも油断出来ないことが分かりました。
 
ネットを利用している以上、イタチごっこであることは仕方ありませんが、最低限ウィルス対策ソフトによる自己防衛はしておいたほうが良さそうですね。
 
私のパソコンで『年次訪問者調査』が表示されたのは今回で2度目ですが、もしかするとウィルスとは別に原因があるのかもしれません。なにか分かったら、改めて記事にしていきたいと思います。
 
 
*10.05追記:以下の記事で書いた通り『MacClean3』というフリーソフトを試してから1ヶ月以上経過しますが、 ユーザー調査の画面は1度も表示されていません。Macユーザーの方は参考までにどうぞ。↓
 
 
*関連記事はコチラ
広告を非表示にする