自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

ブログ集客を考える上で参考になる経済動向

f:id:teihanpatsu87:20160709023555j:plain

 
ブログを運営していると、集客について意識している方が多いと思います。
 
集客を考えるときに重要な項目の一つとして『ユーザーの環境』が挙げられます。これはブログを閲覧している人が利用している端末のことです。
 
Google Analytics』で確認すると、Desktop/Tablet/Mobile と分類されていますね。それぞれ、パソコン/タブレットスマホ(携帯電話)のことです。
 
お気付きの方も多いでしょうが、最近の傾向としてはパソコンよりもスマホタブレットからの流入が多くを占めています。
 
この傾向はブログの閲覧だけでなく、インターネット全体の利用環境が変化している事を物語っています。
 
これについて、少々気になるデータを見つけました。
 

 

EC市場の伸びとブログ閲覧環境の関係

 
今年6月に経済産業省から発表された、
 
 
という報告書があります。
 
これは日本国内のEC(eコマース/電子商取引)市場について、統計データをもとに経済動向をまとめたものです。
 
 
BtoC-ECについては以前に書きましたが、昨年もやはりEC化率は伸びています。
 
 
さて、本題はそこではありません。
 
EC市場の伸びている背景を見ていくと、ブログを運営していく上で気になるデータが読み取れるのです。
 
それを以下に抜粋します。
 
 

スマホの利用が格段に伸びている

 
*記事の引用元:
平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備
電子商取引に関する市場調査)
 
この報告書のなかで『インターネット利用動向』という項目があります。
 
特筆すべきは『インターネット利用端末の種類』というグラフです。スマートフォンタブレットが伸びており、それ以外は横ばいもしくは下がっています。
 

f:id:teihanpatsu87:20160709024505j:plain

 
いまだ自宅パソコンが1番ではあるものの、ここ1〜2年の間にスマートフォンと逆転するのではないかと思われます。タブレットの利用も、まだ伸びしろがありそうです。
 
WEBを閲覧する際、パソコンと携帯端末(タブレットスマホ)ではプラットフォームが違います。ですからブログについても、PCビューとスマホビューでは違った見え方になります。
 
スマートフォンタブレットの利用者が増えてきているのであれば、それに合わせてブログも運営していかなくてはなりませんね。
 
これは色々なサイトで取り上げられていますので、ここではその裏付けにとどめます。
 
インターネットの利用環境が急速に変化していることは理解して頂けると思います。
 
 

電子書籍が伸びている

 
続いて気になるのが『市場規模(デジタル系分野)』の項目です。
 

f:id:teihanpatsu87:20160709024614j:plain

 
昨年比で格段に伸びているのが『電子出版(電子書籍・電子雑誌)』で、なんと38.8%増です。表には書いてありませんが、2014年の市場規模も対前年比で36.7%増と圧倒的です。
 
なかでも大きなシェアを占めているのはコミックのようですが、報告書では
 
電子書籍スマートフォンタブレットで閲覧されることが多い』
 
というところにも言及されています。
 
つまり携帯端末での『読み物』に対する需要が増えているのです。
 
前述のインターネット利用動向と掛け合わせてみれば、ブログ閲覧の多くがタブレットスマホに移行していることは間違いなさそうです。
 
 
 

ブログにおける今後の展望

 
もうひとつ気になる点を付け加えると、CtoC-EC市場の拡大です。
 
この報告書ではCtoCについては”市場規模推計の対象外”としているものの、”市場が拡大される”という見方をしています。
 
ここでいうCtoC-ECはフリマアプリを利用した物販のことを指していますが、『note』に代表されるように『デジタルコンテンツ媒体』についてもCtoC市場は拡大しています。
 
ブログで収益を得ている人たちは、こうした市場の変化にも対応していく必要があるかもしれませんね。
 
さらに言えば、今現在利用しているWEBブラウザのプラットフォームも今後変化していく可能性があります。
 
スマートフォンは大画面化が進み、よりパソコンに近い感覚で利用されています。
 
そしてパソコンでのインターネット利用者が減っているとすれば、WEBブラウザについても統一のプラットフォームが採用されていく可能性は否定出来ません。
 
 

バイルファーストという考え方

 
デジタルコンテンツは物販と違い、オムニチャネル(実店舗などのインフラ)を利用することが不可能です。
 
ブログを単に情報発信の場として活用するなら、そうしたマーケットを意識する必要はないでしょう。
 
しかしブログを通じて収益を得ようとするなら、インターネットを取り巻く環境についてアンテナを貼っておく必要があります。
 
『モバイルファースト』という言葉が使われるようになって久しいですが、意識していなかった運営者はそろそろ本腰をあげる時かもしれませんね。
 
 
広告を非表示にする