読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

会話なき買い物の現代事情

雑記 社会

f:id:teihanpatsu87:20160626170751j:plain

大型スーパーへ買い物へ行った時のこと。買い物カゴを提げてレジへ向かうと、そこには最近導入されたらしい『セルフレジコーナー』がありました。
 
すぐ隣には有人レジもあったのですが、セルフレジの方が早そうだったので首を傾げながら使ってみる事に。
 
今ではセルフレジも割と当たり前のようですが、近所の店ばかり利用していいる ” 田舎っぺ ” にとっては初めての経験です。

 

操作はシンプル

 
スーパーでのセルフレジは初めてでしたが、説明がなくても簡単に使用出来ました。
 
まず商品の入った買い物カゴをセルフレジの左側へ置き、タッチパネルで ” 買い物袋が必要か否か ” を選択すると
 
「商品をスキャンして下さい」
 
とレジが教えてくれます。
 
あとはバーコードを1個ずつ読み取り右側のカゴへ移していくという単純作業です。左右の買い物カゴで重量を計っているらしく、ごまかす事は出来ません。
 
全ての商品をスキャンし終えたら ” 支払いボタン ” を押してお金を投入すれば、お釣りが自動で払い出されます。
 
会計が終わると、
 
「ありがとうございます。商品をお取りください」
 
と丁寧に挨拶までしてくれました(セルフレジが)。
 
最後は自分で袋に詰めて持ち帰るだけ。とても簡単です。
 
 

ルフレジのメリット

 
以上のように、初めての利用に関わらずスムーズで便利というのが率直な感想。
 
操作は1度やってしまえば、2回目からは迷う事もないでしょう。慣れてしまえば有人レジより早いのでは?という気すらします。
 
しかも従来のレジ1台分のスペースに2台設置してあるので、客回転が早く待ち時間も少ないです。
 
ルフレジでもクレジットカードが利用出来ますから、有人レジとほとんど何も変わりません。
 
 

ルフレジのデメリット

 
もちろん有人レジに比べて不便な点もあります。
 
特に高齢者など、機械が苦手な人は戸惑うことが多いようです。店員がずっと側について操作している姿も見受けられました。これは慣れるまで仕方ないのかもしれません。
 
また金券類(商品券やクーポン券)を利用するには、店員に操作してもらう必要があります。その際はスタッフを呼べば対応してくれますが。
 
あと私も何度かあったのですが、レジの重量センサーがデリケートで時々エラー画面が出ていました。商品をスキャンする時に、1個ずつカゴから取り出さないとストップしてしまうようです。これも慣れが必要でしょうね。
 
そして買い物の量が多い場合。特に生鮮食品や惣菜など、バーコードが付いていない商品はタッチパネルで操作しなくてはなりません。この場合は有人レジで会計してもらったほうが早い気がしました。
 
 

経営側のメリット・デメリットは?

 
お店のメリットも大きいでしょうね。
 
レジ4台に対して店員が1〜2名で対応していたので、人件費を考えると大幅なコスト削減になるはずです。休憩不要で文句も言いませんし(笑)。
 
人件費だけではありません。有人レジに比べると省スペースで済むため、売り場の有効活用が出来ます。ずいぶん前に利用した時はレジスペースがもっと大きかったはずですが、セルフレジが導入されてから縮小され、代わりに山積みコーナーが広くなっていました。
 
そして会計時の客回転が早いです。
 
従来の有人レジはそれぞれに列が出来ていましたが、セルフレジコーナーは銀行ATMのように1列で並び、空いたところへ次々に会計へと向かいます。順番待ちに不公平感もありません。
 
これは営業効率のみならずCS(Customer Satisfaction=顧客満足度)向上にも一役買っているでしょう。
 
 
ただし導入時には莫大な費用がかかると推測されます。
 
おそらくレジ本体のみならず、制御しているサーバーのようなものもあるはず。そして保守代金や売り場の改修費用を考えると、私の勝手な推測では1台当たり1千万円近いと思います(それ以上かも?)。
 
ただし人件費のコスト削減を考えれば、回収するまでにさほどの年数はかからないでしょう。フルタイムで有人稼働させる場合と比較すれば、5〜6年でペイ出来るのではないでしょうか(これも推測です)。
 
いずれにせよ、トータルで考えれば店側としてもメリットのほうが大きい気がします。
 
 
 

ルフレジ導入はスーパーだけではない

 
ところで最近すっかりご無沙汰しているレンタルビデオですが、近所のTSUTAYAでもレンタル専用のセルフレジが導入されています。
 
こちらは過去に2〜3度利用しましたが、さほど難しい操作はありません。レンタルの手続きから防犯装置の解除、支払い、貸出専用袋に入れるまで全てセルフです。
 
会員カードの更新や延滞料金の支払いといった特別な対応以外は、概ね出来るようでした。
 
音楽配信や動画配信が盛んな昨今ではレンタル業界も厳しいでしょうから、セルフレジの費用対効果はやはり大きいと感じます。
 
 

商売に広がりつつある無人化

 
販売・サービス業は人手不足も深刻なようですから、セルフレジは今後も広がっていくでしょう。オートメーション化が進んでいるのは工場だけではないのですね。
 
最近では簡単な接客なども無人化しつつあり、softbankショップへ行くと ” Pepper ” がタブレットを用いて案内してくれます。
 
Pepperは徐々に設置している店が増えており、家電量販店や大手百貨店など身近でもお目にかかることが出来るようになりました。
 
AI(人工知能)の進化もめざましく、擬似的であるとはいえ簡易コミュニケーションまでロボットがしてくれる時代です。子どもの頃アニメの中で見た未来図が、たった数十年で現実味を帯びてきている事に驚くばかりです。
 
 
それでも時折、個人商店で買い物していると「今日は暑いね〜」なんて何気ない会話に心が躍ります。「いつもありがとう、また来てね」と笑顔で言われれば、ついまた足を運びたくなるのが人情ってものでしょうか。
 
会計が早いのも良いですが、店員さんとの ” 無駄話 ” を選びたくなる時があります。
 
値段が安いのも良いですが、高くても ” 笑顔 ” に惹かれる店があります。
 
『セルフ化は時代の流れ』と言ってしまえばそれまでですが、接客の現場に笑顔なき声が聞こえてくると少し寂しい気になるのも確かです。
 
 

あとがき

 
スーパーで1列に並び黙々とセルフレジを通過している客の姿を見ながら、ふと腑に落ちる光景が頭をよぎりました。
 
まっすぐに伸びた客の列がセルフレジを通過し、次々に黙って出て行く。
 
これは ” 小学生の頃に、どこぞの工場見学で見たベルトコンベアだ ” と。
 
ルフレジに多少の違和感を覚えた理由は、どうやらそこにありそうです。
 
もっと先の未来では、セルフレジも笑ったり会話したり出来るようになるのか。そんなつまらぬ事を想像しながら馴染みの店へ立ち寄り、物足りなさを満たしてから帰った1日でした。
 
 
 
広告を非表示にする