読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

星に願いを 〜 いまさら聞けない『はてなスター』の使い方

ブログ

f:id:teihanpatsu87:20160614075824j:plain

 

はてなスター』って、ツールとして優れてますよね。

 
星の色や数によって記事の内容を評価して頂けている気がして、PV数とは違った嬉しさがあります。
 
しかし人によって星の使い方が違うようですよ。皆さんどういう意味で使っていますか?
 

 

わずかな時間で星がたくさん付いた!?

 
過去にあったお話です。
 
夜中の0時を少し過ぎた頃はてなブログへログインしたのですが、日付が変わったばかりで、アクセス解析は0(ゼロ)になっていました。
 
そのわずか2〜3分後『あなたへのお知らせ』という吹き出しに、③と赤い数字が表示されたのです。
 
この機能については説明するまでもありませんが、私なんぞのブログに多くのお知らせが一気に届くことは珍しいので内容を確認しました。
 
すると私がスターを付けたブログの管理人さんが、私の記事3つに星を残してくれていたのです。
 
直帰率がハンパない私のブログで、記事を3つも読んでくださったのかぁ”
 
と喜ぶのも束の間、お知らせは3つとも全て『5分前』の表示になっていました。
 
自分で言うのもなんですが、私のブログって1記事の文字数がそれなりに多いので、1分以内に3つの記事を読むのは難しいと思います。
 
しかも、ついさっき0(ゼロ)だったはずのアクセス解析を見たら『1』となっていました。記事を3つとも読んで頂いたのであれば『3』になるはずでは?と思ったのですが、すぐに謎が解けました。
 
 

記事を読まずにスターを付ける意味は?

 
私のブログはトップページに最近の記事が3つ短縮表示されています。そして『続きを読む』の直下にスターが表示されているのです。
 
おそらくプロフィールを経由して当ブログのトップページに辿り着き、記事を読まずに星だけ残して下さったのでしょう。
 
わざわざご丁寧に〜と思う反面、何だか味気なさを感じました。
 
 TwitterFacebook の”いいね”と同じ感覚で利用しているのだと思うのですが、はてなの場合はブログである以上、読んでからスターを付けて頂いたほうが・・・と思うのは贅沢でしょうかねぇ。
 

  

はてなスターは記事内容の評価ではない

 
私個人的には、はてなスターの機能って良いと思います。程よい距離感のコミュニケーションツールだなと。
 
しかしあくまでブログなので、SNSのように挨拶代わりのスターであれば全く無意味です。
 
せっかく有料のスターまで用意されているのだから、もっと挨拶以上の使われ方がされると良いなと思うのですが、いかがなものでしょう。
 
いまさらながら、必ずしも星の数・色によって、記事の内容を評価してくれているわけではないのだな、と気づいて凹(へこ)みました。
 
・・・ひょっとして、気づくの遅い!?
 
 

はてなスター』と『ソーシャルボタン』の違い

 
良く考えてみれば本当にいいなと思った記事は、ブックマークをはじめとする『ソーシャルボタン』を押しますよね。
 
であれば『はてなスター』は、コミュニケーションツールの一種と割り切った方が良さそうです。
 
穿(うが)った見方をするならば、
 
はてなスター  →  挨拶以上、記事の評価未満
 
・ブックマーク  →  記事の評価
 
といったところでしょうか。
 
 
 
はてなスターを設置していないブログも多く見かけるのですが、PV数が増えるにつれて設置する意味が薄れてしまうのでしょうね。
 
せっかく良いシステムなのに、はてなブログの利用者でさえ設置していないのは残念です。
 
運営側でもあまり力を入れていないように感じますが、今後ルール改善などされていくのでしょうか。
 
もっと良い使われ方をされていけばいいなと期待しつつ、当ブログでは設置したままにしておこうと思っています。
 
 
広告を非表示にする