読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

ブラック企業にありがちな勘違い名言『休むのも仕事のうち』

f:id:teihanpatsu87:20160131005719j:plain

 
 
以前、こんな記事を書きました。
 
頑張る=無理をする(させる)ことは、どこかに歪みを生むものです。だからサラリーマンは無理をしない、でも仕事に対しては責任を持ち誠実であるべきです。文字通り『サラリー』をもらっているわけですから。 

 

常々こんな屁理屈めいた事を言っているわけですが、ついでに揚げ足を取るような話をもう一つ。
 
 
 
私の会社はブラック企業ですが(恥)、ある日お偉い方がこんな事を仰ってました。
 
休むのも仕事のうちですから、休日にはしっかり体を休めて風邪などひかないように」と。
 
まぁプロ意識として精神論を語るなら間違ってませんが、これってグレーな発言です。
 
 
 
この『休むのも仕事のうち』の『休む』というのは、本来なら休憩のことを意味しています。休日ではありません。
 
つまり無理をせずメリハリをつけて仕事をしましょうということ。適度な休憩を取ることで業務効率も上がりますし、体調を維持管理する上でも大切ですからね。
 
しかし悲しいかな、このお偉い方はいわば「仕事を第一に考えて休日を過ごしなさい」と言い放ったわけですね。同じ会社の管理職として恥ずかしい限りです。
 
またこの発言に対して、周囲の同僚や部下達は何の違和感も感じなかったようです。こうした文化が根付いているところが『ブラック企業』たる所以なのでしょう。
 
重箱の隅をつつくような話で恐縮でしたが、もし皆さんの会社でも同じような事が起きていたら要注意です。サラリーマンといえど生活のために仕事をしているのであって、仕事のために生活しているのではありませんから。
 
 

 
 
というわけで…この名言に敬意を払いつつ、私なりに言い換えるならば
 
『サボるのも仕事のうち』
 
といったところでしょうか。
 
 
 
サラリーマンの皆様、休日は体調管理に注意しながら仕事を忘れて過ごしましょう。
 
 
広告を非表示にする