読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

転職活動で面接官が知りたいホンネとは

 

f:id:teihanpatsu87:20160129200201j:plain

 
私の会社は全国に営業所があるため、中途採用の場合は各営業所の管理職が面接を実施する事になっています。
 
というのも業務内容が主に営業となるため、資格や技能よりも人柄重視の採用となる場合が多く、現場経験者にある程度の判断が委ねられるためです。
 
私も面接官を担当する機会が多いのですが、結構面白いものであると同時に責任の大きい仕事です。
 
質問内容については会社でマニュアルが用意されていますが、私はそのマニュアル通りの面接をしません。なぜなら短い時間でその人となりを把握することは非常に難しく、何より本音を聞き出すために工夫が必要だからです。

 

転職しないことは美徳なのか?

 
転職の面接をする際、一つの判断材料になるのが職歴です。どんな会社でどのような仕事を経験してきたのか、その仕事をやってきて楽しかった事や大変だった事などを聞き出すと人物像が見えてきます。
 
一般的な風潮として、転職の回数が多い事は美徳とされません。しかし私個人的には、若い頃の転職については賛成です。10年間同じ会社で仕事をするのと数カ所で別の仕事を経験するのでは、見識が大きく変わります。
 
特に職種がまちまちだったほうが、任せられる業務に幅が出ます。特定の技術・技能を求める職場は別でしょうが、営業や総合職の場合は特にそうです。
 
またアルバイトの経験についても聞くようにしています。これは履歴書や職務経歴書には記載されていないためです。
 
アルバイトであろうが正社員であろうが、色んな仕事を経験してきた人ほど多くの苦労を乗り越えてきていますから機転が利きます。そして新しい業務に対して順応が早いのです。
 
そうは言っても、あまりに転職が多かったり1社あたりの在籍期間が短かったりすると『なぜ?』と疑問を抱くのも確かです。
 
そこで私が気になるのは『転職したいから辞めるのか、辞めたいから転職するのか』ということです。
 
 

面接官がどうしても知りたいホンネとは

 
就職活動をした事がある人なら分かると思いますが、ハッキリ言って面倒臭いですよね(笑)。私もそうでした。
 
履歴書に職務経歴書を用意し、身だしなみにも気を使い、何より面接の準備をするために色んな本を読んだり会社の事を調べたり。好き好んで転職を繰り返す人はほとんどいないでしょう。
 
ではなぜ転職をするのか?それこそが面接官の知りたい一番のホンネです。
 
現状の仕事に満足していれば転職はしないでしょう。しかしわざわざ手間のかかる転職活動をしているというからには何かしらの理由があるはずです。それを面接官は知りたいのです。
 
辞めざるをえない失敗をしたのか、単純に会社や上司に対して不満があるのか、給料やボーナスが不満なのか、人それぞれに事情があるでしょう。
 
しかしやむを得ない事情(会社が倒産したなど)でなければ、本当の理由を聞き出す事は困難です。あえて面接で不利になるような事は話してくれませんから。
 
 
 

転職理由の本音を聞き出すコツ

 
それを知るために、遠回しな会話をする事で本音を引き出す事が必要になってきます。もちろん、ズバリ正直に語ってはくれませんが、経験を積んでいる面接官であれば見抜く事は可能です。
 
ただしマニュアル通りの受け答えをしても本音は聞き出せません。
 
まず緊張をほぐしてあげる事から始めます。趣味や身近な話題に時間をかけて、友達のような目線で話をするのです。なるべく多く喋ってくれるような質問をして、面接官が聞き手にまわるようにします。
 
敷居の低い会話を続けていると、話の中に性格や特徴が見え隠れします。そこで人柄については判断する事が可能です。そして緊張がほぐれた頃合いに、
 
「前の会社で仕事をしていて良かった点は何ですか?」
 
という質問をします。実はこの質問をした時の表情や回答内容で、だいたいの察しがつきます。
 
というのも前向きな転職であれば、主に当人自身の話が返ってくるのです。会社で担ってきた役割や功績など、答えも明確ですし当社を選んだ動機もハッキリとしてきます。
 
しかし辞める事を前提とした転職だと自分の事ではなく、会社の社風がどうとか同僚が良い人ばかりだとか、少なくとも自分の経歴や考え方は出てきません。
 
この質問で、自分自身の事を語ってくれるのか、それとも会社の事を語ってくれるのかによって大きな判断材料となります。
 
中にはあからさまに前の会社に対する愚痴を言ってくる人もいます。これはもう論外ですよね。
 
 

面接する側もそれなりの苦労がある

 
以上、私が面接官をやって感じた事を書いてみましたが、経験を積んでも見えない事がありますし判断を誤ることだってあります。
 
就職や転職は準備が大変なものですが、面接(採用)する側も準備や苦労があるのです。人を雇うというのは大きな責任と判断力が求められますからね。
 
ですから最低限のルールやマナーは守ってほしいですし、覚悟をもって臨んでほしいと思います。中途半端な気持ちで『当たって砕けろ』などというのは通用しませんよ。
 
それから入社の意思もないのに、失業手当を目的に面接を申し込む人がいます(結構多いです)。
 
これも経験のある面接官ならすぐバレますしモラル違反ですからね。お互いに時間の無駄になるのでやめましょう。
 
 
広告を非表示にする