読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

グーグルアドセンスの審査は難しく考えないことが大事

  

f:id:teihanpatsu87:20160122233218j:plain

 
私がブログを始めたのは2015年の10月。最初は『Seesaaブログ』に申し込み、何も分からない状態からネット検索しまくりでスタートしました。どんな内容にするのか、どうやったら見てくれるのか、文字数はどれ位が良いのか・・・など、よちよち歩きで調べてました。
 
そしてこの手の検索をしていると、必ず引っかかる『グーグルアドセンス』という文字。初心者がブログで稼ぐにはコレだというような記事がたくさんあり、はたまた好奇心旺盛な私はスグに申し込んでみることにしたのですが…。

 

アドセンスの審査は本当に厳しいのか

 
しかし、インターネットで検索すればするほど『グーグルアドセンスは2次審査が厳しい』とか『広告を停止された』という記事がたくさん出ていますよね。こんな記事を見ていると思わず尻込みしてしまいます。
 
とは言っても別に費用が発生するわけでもないし、とにかく1度試してみようと思って別のブログを立ち上げました。アドセンス審査用にブログを別に用意した方が良いという記事を見たので。
 
また審査には何日もの時間がかかると書いてあったので、ひとまず記事を1つだけアップして申し込みました。審査期間中に記事を追加していけばいいや、と思ったわけです。
 
意気込んで申し込みを済ませ、次の記事をどうしようかなと悩みながらその日は寝る事に。すると翌日には意外な結果が待っていました。「とにかくやってみよう」と見切り発進したのが功を奏したのかもしれません。
 
記事はたった1つだけで、申し込んでから約16時間後に広告配信されました(笑)。
 
そいうわけで、参考までに申し込みから審査完了までの経緯を記しておきます。
 
 

どこまでが1次審査?

 
ネットで調べたところ、アドセンスには1次審査と2次審査があるということでしたが、私の場合は申し込み登録が完了したのと同時に『広告を貼ってください』という表示が出ました。
 
言われるままに、ブログの右側へレスポンシブビュー(自動サイズ)というのを貼ったのですが、その直後にブログを確認したら広告が表示されていました!
 
「あれ、何かおかしいぞ?」と思ったのですが、ページを何度読み直しても広告が表示されます。しかしGoogleAdSenseのサイトでは『審査中です…完了したら広告が表示されます…』的なメッセージが。
 
う〜む、分からん、分からんぞ・・・と思って再度ネットで調べてみたのですが、サイトによって書かれている内容が違うので、ますます分かりません(苦)。
 
ただ1つ確かなのは、1次審査が終わって2次審査中の状態らしいという事だけです。
 
Googleからのメールもチェックしたのですが、たった1通『お支払いの連絡先情報が変更されました』という内容で来ていただけです。何かを変更した覚えはないのですが、新たに登録されたという事でしょうね。念のため登録した内容は確認して、問題なかったのでスルーしました。
 
結局のところ、どこからどこまでが1次審査だったのか良くわからないままでした。
 
 

2次審査中なのかな?

 
申し込み完了と同時に広告を貼って、しかも広告が表示されているのに『審査中』となっていて・・・ネットの情報と違うけど、一体どうしたものやら。
 
と思ったのもつかの間、申し込みから15分ほど経過して再度ブログを見てみたら、広告の配信は止まってしまいました。
 
さきほど表示されていた広告は何だったんだろう?と後ろ髪を引かれる思いでしたが、無事に審査中っぽくなったのでひと安心。
 
あとは結果を待ちながら記事を更新していこうと思い、気長に待つ事にしました。ネットの情報では数週間かかる場合もあるそうですからね。
 
 

記事を更新する間も無く審査完了!

 
そして翌日ブログを見てみたら、またしても広告が表示されてました。おやおやおや?と思いメールを確認すると、
 
『アカウントの有効化が完了いたしました』
 
というメールが無造作に届いているではありませんか。
 
しかもメール本文には何も書かれておらず、とっても淡白なメールです。身内にでさえ、こんな質素なメールをした事はありません。嬉しいような寂しいような(笑)。
 
念のため、GoogleAdSenseのサイトも確認しましたが、審査中という文字は消えておりました。ということで、無事グーグルアドセンスを開始することが出来たのです!
 
Googleからの受診メールを参考にすると、申し込み完了から審査通過まで要した時間は16時間08分です。ネットで調べた情報とはずいぶん違うなぁ、明日になったら広告消えてたりして・・・と不安にもなりましたが、そういった事はありませんでした。
 
 
 

アドセンス審査に通過したブログの概要

 

参考までに、アドセンスの審査用に用意した記事概要は以下の通り。
 
・使用したブログ   seesaaブログ(もちろん無料)
・使用デザイン    シンプルA.ホワイト 右カラム
・記事数       1つ
・文字数       2638文字(Evernote調べ)
・写真        なし
・広告        なし
 
という具合です。色気も何もない状態でした(汗)。
 
申し込んだ時は書式やフォントなど一切の変更はせず、もとのデザインをそのまま使用してました。しいていえば、メールアドレスはプロフィール欄に記載してありましたね(さりげな〜くGmail )。
 
また写真や広告は一切使用せず、白黒の文字だけです。色んなサイトの記事を見るとシンプルなほうが良さそうだったので、それに従ってみました。
 
ちなみに審査で使用した記事は、当ブログに転載しています。校正および加筆をしてますが、概ね審査時と同じ内容です。
 

 

この記事1つで審査完了でした。色んな情報に振り回されましたが、結果オーライですかね。
 
 

私なりに感じた事を少々

 
私だけが特別早いというわけではないと思います。ですが今回のグーグルアドセンス申し込みに際して、多少考えさせられた事もあるので記しておきます。
 
ネットで調べると『審査が厳しいからコレはダメ』とか『審査用に別のブログを作ったほうが良い』とか『記事数は○○以上で』など解説しているサイトが多いのですが、これは目線がズレている気がします。
 
そもそもブログでもHPでも、インターネット上で情報を発信する以上は内容に責任を持たなければいけないと思うのです。これだけの情報が溢れている中で、ネット本来の目的を満足させる事が逆に難しくなっているのではないかなと。
 
何が言いたいのかといえば、アドセンスの審査で試されているのはブログの『見た目』ではなくて、書き手の『モラル』とか『責任感』とか『本気度』ではないかな、と感じます。って随分チープな話になってきましたね(苦)。
 
1次審査で機械的なチェックが入っているのだとすれば、モラルに反するような言葉が使われていないかどうかを調べているのでしょう。
 
そして2次審査ではブログを通じて管理人に対するジャッジをしているのではないか・・・と、そんな気がしました。
 
インターネットは誰でも情報発信が出来るツールです。そうした便利さがある一方で、無責任な情報が多すぎるのも事実だと思います。特にアドセンスのようなお金が関わる事については、情報を発信する側のモラルに委ねられますからね。
 
アカウントが停止になるというのも、そうした理念に基づいた行動ではないかと思うのです。ネットでの情報発信のあり方や方向性を、グーグルが示そうとしているのではないかなと感じました。
 
 

就職の面接に似ている?

 
1次で筆記テストがあり、2次で面接みたいな…これって会社の就職面接に似てませんか?
 
私も就職の面接官をやった事がありますが、特に新卒の場合は即戦力とかスキルとか期待してないんですよね。入社してすぐに一人前の仕事が出来るわけありませんから。
 
では何を基準にしているかといえば、本人の本気度とか誠実さとかコミュニケーション能力とか、そういった部分です。アドセンスの審査でも同じではないでしょうか。
 
これはあくまで勝手な意見ですから参考程度に留めてもらえればと思います。ですが今回グーグルアドセンスに参加してみて一連の事を考えるきっかけとなった時間は、私にとって非常に有意義であったのは間違いありません。
 
ちなみに審査期間は16時間ほどでしたが、準備も含めてあれこれ考えた時間は、その何倍にも及びますよ。
 
ところでアドセンスの審査は簡単に通過したものの、一向にクリックされません(笑)。これまた何年も働いてキャリアを築いていくサラリーマンのように、地道に記事を書き続けたいと思います。『継続は力なり』ですかね。
 
 
広告を非表示にする