読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

サラリーマンこそブログをやるべきだと思う理由

f:id:teihanpatsu87:20160118224705j:plain

 
友人と話をしていて改めて実感した事があります。それは他人の一言がきっかけで、その後の人生や性格までも左右してしまう可能性があるという事です。
 
これは身近な人のセリフに限ったことではありません。著名な人の本や、テレビやラジオの番組報道など、様々な場面で見聞きする言葉が人生を左右するキッカケとなるのです。
 
私の身近に起きた、そんな実体験をいくつかご紹介します。

 

アイドルの一言がきっかけで結ばれた縁

 
年明けに古い友人から電話がありました。昨年ようやく結婚したそうで、新年早々おめでたい報告に思わず会話が弾みました。
 
その友人に馴れ初めなど聞いてみたところ、『腹筋』が縁で付き合い始めたそうです。
 
「何のこっちゃ?」と思い良く聞いてみると、その友人(男性)が昔好きだったアイドルがTV番組のなかで「筋肉ムキムキの人が好き」と言っているのを聞いて、以来ずっと腕立て伏せと腹筋をやっていたそうです。
 
おかげで程よく腹筋が割れているらしく、夏場に会社の仲間同士で海へ遊びに行った際、彼女に見初められたのだとか。そして約2年の交際を経てゴールインしたそうです。本気だか冗談だか良く分からない話ですが、めでたしめでたしですね。
 
ちなみに腹筋を続けたのは約25年間!!ほぼ毎日欠かさず、寝る前にやっていたそうです。アイドルのたった一言で、もの凄いパワーをもらったわけですね。
 
今でもその元アイドルが好きというわけではなく、毎日の習慣となってしまったようです。しかしそれが縁で結婚相手が決まったのですから、そのアイドルにも感謝しなくてはなりませんね。
 
 
 

憧れの先生から言われた一言で達筆になった

 
実は私も同じように、ある一言がキッカケで『今の自分』があるのだなと思い当たる事があります。
 
私は良く「字が上手」と言われるのですが、これには思い当たる節があります。自慢話ではありませんよ、念のため。
 
私が小学生の頃、当時憧れていた女の先生から「字が上手ね」と褒められた事があります。さらに「字は書いた人の性格や人柄を表すから丁寧に書きましょうね。」とも言われたのです。
 
大好きだった異性の先生から褒められた事が、子供ながらに大変嬉しかったのを覚えています。女性から見れば呆れるような話かもしれませんが、男ってそういうところがあるんです(笑)。
 
あれから30年以上経った今でも、文字を丁寧に書くような習慣が身に付いています。どうでも良いメモや伝言等であっても、読みやすい字で書くよう心がけているのです。
 
そうした習慣のおかげで、文字を上手に書けるようになったのでしょう。先生からの一言がなければ、『今の私はなかった』と言える出来事だと思っています。
 
 

ブログから共感させられる事も多い

 
気になる異性ではなくとも、ある一言がきっかけで人生が変わる事ってあると思います。私が最近影響を受けているなと感じるのは『ブログ』です。
 
ネット上には多くの情報が溢れかえっていますが、ブログから発せられる情報は個人の意見や考え方に直接触れることが出来ます。身近に存在する人達とは違った環境から情報を得ることが出来るツールなのです。
 
サラリーマンは単調な生活になりがちですよね。毎日同じ職場の人と接して、家と職場を往復するだけという惰性的な生活。今思えばブログを始める前までは、すごく狭い世間で暮らしてきたのだなと感じます。
 
ブログを始めて見聞を広める事が出来たと思いますし、今後もブログを続けていこうと思います。そしてブログを通じて、人生を変えるような一言を探していこうと思います。
 
いつか自分も、読んで下さった方の糧になるような一言が残せますように。
 
 
広告を非表示にする