読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

名刺交換の場で、最低限やってはいけないこと

雑記 仕事

f:id:teihanpatsu87:20160102063451j:plain

 
明けましておめでとうございます。
 
 
ブログを開始してから1ヶ月が経過しました。割と3日坊主な私でも1ヶ月以上続けることが出来たのは、スターを付けて頂いたり、読者登録して下さったり、少しずつ増えていくPVを見てニヤニヤしたり・・・とにかく皆様の支えがモチベーションになっている事は間違いありません。
 
今後とも宜しくお願い致します。 

 

さて、ブログでの挨拶は指先でキーを叩くだけですが、社会人が対面で挨拶するとなればそうはいきません。
 
必ず付いて回るのが名刺交換です。正しい名刺交換が出来ていないサラリーマンの方、結構多いです。
 
意地悪小姑みたいな事を言うつもりはありませんが、この名刺交換一つで会社全体の印象を決めかねませんので注意が必要です。
 
 

多すぎる名刺交換のルール

 
ここで細かいマナーについて語るつもりはありません。検索すればいくらでも出てきますから手抜きします(笑)。
 
というのも、名刺交換について話をすると物凄くたくさんのルールが出てくるのです。細かい事まで含めると何十項目もあります。
 
これら全てのルールや礼儀を守っている人は、まずいないでしょう。相手に不快感を与えるような事がなければ、それで良いと思います。つまり最低限のマナーさえ守っていれば。
 
しかし残念ながら、営業や販売・サービス業に携わっている方でさえ「エッ!?」と思うような名刺交換をする方がいらっしゃいます。
 
これから新年の挨拶もあると思いますので、私が過去に酷いと思った例をワースト5にしてみました。
 
 

 

やってはいけない名刺交換ワースト5 

 
1位 : 名刺入れを使っていない
 
これ論外ですよね。でも実際に取引先様でいらっしゃいました。胸ポケットからそのまま名刺を出してきたんです。担当の方と一緒に来ていただけのようですから、おそらく普段は内勤なのでしょう。しかし社会人として名刺を携えている以上は、名刺入れを持っていない事に疑問を感じます。当然ながら私が渡した名刺は、そのまま胸ポケットに入れてました。
 
 
2位 : 名刺を落として帰ってしまう
 
自分の名刺が落ちているというのは非常に気分の悪いものです。うっかりでも許されないミスです。受け取った名刺は、大切に扱って下さいね。
 
 
3位 : 名刺を片手で受け取る
 
これも基本的には論外です。ただ交換のタイミングが同時の場合など、シチュエーションによっては互いに片手でのやりとりになるケースもあります。しかし初めての挨拶の場で、荷物を抱えたまま一方の手だけ差し出して受け取るのはどうかと思います。本来ならば自分の名刺ケースに添えて両手で受け取るものです。
 
 
4位 : 名前を名乗らない
 
私ではなく同僚を訪ねて来た方だったのですが、いきなり名刺を渡されて「わたくしこういう者ですが○○様いらっしゃいますか?」と言ってきた方がいらっしゃいました。いくら私宛でなくても、名刺を渡すのであれば社名か名前は口に出して言うのが普通です。むしろ私宛でないのなら名刺を渡さずに「○○様いらっしゃいますか?」とだけ尋ねるほうが自然です。確かに映画やドラマの世界では「わたくしこういう者ですが」というシーンを見かけますが、会社員同士が挨拶をする場でやってはいけません。
 
 
5位 : 名刺の角が曲がっている
 
お尻のポケットにでも入れておいたのかな?と思えるような、角がカーブした名刺。受け取りたくありませんでした(笑)。財布とか定期券入れに名刺を入れてしまうと、こうなるかもしれませんね。ダメですよ。
 
 

あとがき

 
以上は特に酷い例ばかりですが、実は私も社会人1年目の頃は当てはまるものがあります。
 
新入社員の挨拶であればそれも許されますが、新年の挨拶という場で前述のような事はあってはなりませんね。
 
何だか新入社員向けマニュアルみたいになってしまいましたが、名刺交換は『人となり』が見え隠れしますので注意が必要です。普段あまり名刺交換をしない方々の参考になれば幸いです。
 
きちんとした挨拶に始まり、良い年にしましょう。
 
 
ではでは改めまして、本年も宜しくお願い致します。
 
 
広告を非表示にする