読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

結果にコミットする!現代のサラリーマン

f:id:teihanpatsu87:20151224171329j:plain

 
さて、2015年の流行語大賞に『結果にコミットする』というフレーズがノミネートされました。
 
ライザップのCMは有名ですから皆さんご存知だと思いますが、なるほどこれだけの結果が出るのならお金を払ってもやってみようという気にさせますよね。
 
コミットという単語の意味が良く分からず物議を呼んでいるようですが『必ず結果を出す事を約束した上で、成功報酬を頂きます』と、そんなところでしょうか。

 

これは現代のサラリーマンに対する雇用慣行にも当てはまります。
 
企業は労働対価として生産性を求めるようになり、今や終身雇用や年功序列といった制度は崩壊しています。つまり成果を上げなければ給料も上がらないという『成果主義』に変わってきているのです。
 
この成果主義が、日本をダメにしている一つの要因であると私は思います。
 
 

成果主義がもたらす弊害

 
企業が成果主義という処遇で社員を雇用すると、当然ながら営業成績や生産性を求められます。
 
それによって賃金が決まってくるわけですから、サラリーマンには相応の努力が必要になってきます。過酷な環境や長時間の労働が強いられる事も少なくありません。それが結果的にパワハラや、うつ病を引き起こしたりしているのです。
 
労働環境の問題だけではありません。
 
年功序列は賛否両論ありますが、経済全体を通してみれば理にかなう面もあります。企業に長く貢献することで将来的な賃金が保障され、人生設計が立てやすくなります。
 
出産や養育費、住宅の購入など長期的に考えなくてはならない支出に対して備えが出来るわけです。それによって中高年から若年層へと、企業を通じて経済が循環していく仕組みが出来上がっていたのです。
 
それが成果主義によって崩れると、将来的な不安から経済活動を鈍らせる事になり、少子化問題や高齢者の生活保護など社会問題が発生します。
 
 

年功序列は必ずしも良いわけではない

 
雇用統計を世界的に比較すると、日本の完全失業率は非常に低い事が分かります。これは年功序列の慣行が根強く残っているからです。
 
しかし企業の生産性を考えれば、決して良い事ではありません。社歴が長いだけで生産性の低い社員に高い賃金を払う事は、経営効率の低下を招きます。
 
世界的に見れば、年功序列という慣行は珍しく、特に先進国では転職によるキャリアアップや、ヘッドハンティングが当たりまえに行われています。
 
そして日本でも大企業のみならず、中小企業でも成果主義を採用しているところが増えてきています。それによって会社の業績が改善することで、日本の経済成長が望めるのも事実です。
 
とかく経済成長を政治家が口にする場合、国民の生活水準や消費動向よりも、企業の成長率を元に語られる事が多いです。
 
これが正しいかどうかに言及するつもりはありませんが、少なくとも政治家目線で日本経済を鑑みれば、年功序列よりも成果主義の方が日本経済の発展には好ましいと言えます。
 
 

 

サラリーマンは常に転職を意識しておくべき

 
以上のように、年功序列や終身雇用が崩壊している現状を踏まえると、サラリーマンは常に成果を上げ続けていくか、更なるキャリアアップを目指して転職する事を考えていかなくてはならない時代なのです。
 
実際に転職する人が増えている事は、転職サイトが多数存在することからも明かです。中・高年の転職が増えているのは、こうした背景からなのでしょう。
 
たえず自分の会社と業界の景気動向に気を配りながら、求人の動向にも注目してみる。そうすることで社会全体のトレンドが掴めます。
 
いま現在の給与に満足していないのなら、そうした感性を磨きながら自己の啓発に努めていかないと、いつ何時生活が傾くかも知れませんからね。
 
 

サラリーマンは楽だがリスクを伴う

 
サラリーマンは雇用されていれば一定水準の給料が保障されます。最低賃金法によって、労働対価として支払われる最低賃金が法によって定められているからです。会社から言われた業務をこなしていれば、少なくとも収入がゼロになることはありません。
 
しかし生涯にわたって充分な収入が保障されているわけでもありません。年功序列や終身雇用といった慣行が崩れてきている今、自分の身は自分で守らなくてはならないのです。
 
いまや日本の名だたる大企業でさえ、大幅な人員削減や経営破綻をする時代です。しかも日本は資源国ではなく、技術やモノを売ることで潤っている国ですから、世界情勢にも左右されやすいと言えます。
 
 

まとめ

 
個々の業績をコミットしなければ会社からは相応の賃金しかもらえない、そう考えると自営業とあまり変わりませんね。
 
成果主義といえば聞こえはいいですが、サラリーマンの安定した生活を会社が放棄しているとも言えます。最低限の収入は約束されていても、生涯にわたって生活が潤う保障がないのですから。
 
たえず転職についての情報を得ておくことや、副業や内職といった備えをしておく事は、現代のサラリーマンにとって今後ますます必要になっていくでしょう。
 
  
広告を非表示にする