読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

4時間土下座した相手は、刃物を振り回す凶悪犯だった

事件 社会

f:id:teihanpatsu87:20151217201633j:plain

 
私が販売の仕事をしていた時の話です。
 
当時の私は無駄に長い社歴を買われたのか、とある小売店で店長として勤めていました。
 
販売の仕事をしていると色々な人に出会います。接客の仕事が好きな人はそれがまた楽しいものですが、こと『店長』などという肩書きが付くと、そうもいきません。私をめがけてくるお客様は大抵が苦情客です。 

 

ある日のこと、中年男性客2人が売り場責任者に対して怒鳴っている声が聞こえてきました。
 
こういった場合、いきなり店長が顔を出すと収拾がつかなくなる事もあるので、まず売場責任者が話を聞いてなだめ、それでもダメな場合に店長が対応する、という暗黙のルールがありました。ですから気にはしながらも様子を伺っていたのですが、どうにも収まる気配がありません。
 
周囲にいたスタッフの話では店側に非は無く、お客様の都合でクレジットカードが使用出来なかった事に対して腹を立て、店員に怒鳴っていたようです。
 
クレジットカードの使用可否については信販会社の判断となるため、店ではどうすることも出来ませんし、個人情報のため本人からカード会社へ確認してもらうしかないのですが、その事でもめていたようです。
 
しばらくして売場責任者が私の元へ来て「スミマセン、店長を呼ぶように言われてしまいました」と言ってきたので、改めて私が対応する事に。大抵はこの時点で相手も落ち着いて話をしてくれるのですが、その時は違っていました。
 
私が行くなり「お前が店長か、謝れ!」と高揚した様子で怒鳴られました。こちらに非は無いと知りつつも相手はお客様です。頭を下げないわけにもいかず「申し訳ございません」と謝罪をして、改めて話をしようとしました。
 
しかしこちらの話など全く聞く気は無く「店長のくせに謝り方も知らねーのか?普通は客に対して謝るって言ったら土下座するもんだろ!」と一方的に怒鳴るばかりで話をする状態ではありません。
 
とは言え他のお客様にも迷惑になりますから「どうか落ち着いて下さい、お話の内容を伺いましたが手前どもとしては、これ以上の対応は出来かねます」と、なだめるように話をしました。
 
 
 
 
しかし一向に話は収まらず、とにかく土下座しろの一点張り。しまいには店員の言葉遣いや態度にまで文句をつけてきたので、仕方なくその場は土下座をして謝罪をしました。それでも全く収まらず延々と文句を言われ、しまいには金をよこせとか商品をよこせと、あからさまに法に触れるような要求までしてくる始末。
 
この時点で犯罪行為なのですが録音もしていませんでしたし、物を壊されたりといった直接的な被害もなかったので、土下座しながらひたすら諦めて帰るのを待ちました。
 
そんな押し問答をすること約4時間後、3人の警察官がやってきました。どうやら他のお客様が見かねて警察へ通報してくださったようです。
 
「こちらでトラブルがあったと通報があったので来たんですけど」
 
と言って間に入ってくれました。
 
さきほどまで息巻いていた客は、警察が来るなり「おまわりさ〜ん、聞いてくださいよ〜」と甘ったれた声で話を始めました。私は別の警察官に事情聴取をされましたが、店側には特に直接的な被害もなかったため、とにかく帰って頂く事でその場は収まりました。
 
延々と土下座すること約4時間。さすがに足はしびれて、心身ともにクタクタでした。サラリーマンとは言え、理不尽な客にまで頭を下げなくてはならない自分に腹も立ちました。
 
しかし警察の方も「また同じような事があればすぐに連絡して下さい」と言って頂いたので、もう大丈夫だろうと思って忘れる事にしました。
 
それから1ヶ月ほど経ったころ、別の刑事さんが私を訪ねてやって来ました。あの土下座した客に対して詳しく事情を聞きたいとの事。
 
どうやら色々な店で同じように騒ぎを起こしていたらしく、ついには刃物を振り回して金を要求したそうです。当然ながら警官が駆けつけてその場で逮捕され、現在は留置場にいる由でした。
 
当時の事など思い出したくもありませんでしたが、捕まったと聞いて安堵し一部始終を話しました。
 
一歩間違えれば私も刃物を突きつけられていたかもしれない、そう考えるとゾッとする話です。しかし相手の要求に対して屈する事なく対応した事は間違っていなかったのだと思いました。
 
4時間の土下座は苦痛でしたが、「これも給料のうち」と言い聞かせてひたすら我慢した自分に、少し報われた気がした懐かしい思い出です。サラリーマンは苦労が絶えませんね(泣)。
 
 
 
広告を非表示にする