自己責任で。

小さな話をタレ流す雑記ブログ

クラウドソーシングという働き方

f:id:teihanpatsu87:20151206220109j:plain

 
 
サラリーマンにとって『内職』や『副業』は気になるキーワードのひとつではないでしょうか。
 
さて過日、サラリーマンがリスクを担保する必要があると述べました。
 
これについては別記事の通り。
 
具体的に担保する手段までは言及していませんでしたが、そのひとつとして『内職でお金を稼ぐ』手段についてお話します。

 

 

クラウドソーシングとは

 
副収入でお金を稼ぐ方法として『内職』という端的な方法がありますが、その内職も最近は多様化しているようですね。
 
ひと昔前のように、造花を作ったり、宛名書きをしたり、シール貼りをしたり、というチマチマした印象と、最近のそれとはちょっと違うようですよ(私が古すぎるのか・・・汗)。
 
ことに最近では『クラウドソーシング』という仕事のスタイルが確立されています。これは内職そのものではなく、ひとつの働き方を示す言葉です。
 
アウトソーシング』とは違い、不特定多数の人にインターネットを通じて仕事を発注・受注するという業務のあり方を意味しています。
 
このクラウドソーシングで仕事を請け負い、副業で稼ぐ方法を実践してみましたのでご紹介します。
 
 

クラウドソーシングの特徴

 
このクラウドソーシングは、仕事の依頼主(クライアント)と1対1で仕事を請け負うのではなく、依頼主と請け負う人を繋ぐ役割をしている専門のサイトが存在します。
 
インターネットを通じて日雇いの仕事を紹介する職業紹介所のようなイメージですね。そこを通じて仕事を請け負い、報酬もそのサイトを通じて支払われます。
 
似たようなサイトは既にいくつも存在していますが、数あるサイトの中から私が実践したのは『ランサーズ』というサイトです。
 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 
 
まずクラウドソーシングの1番のメリットとしては、仕事がすぐに始められるという点です。
 
申し込むにあたって、面接や書類の提出を求められるわけではありません。登録さえしてしまえば、すぐに仕事が始められます(※ランサーズではより信頼性を高める手段として、身分証明書や電話確認などを任意で実施しています)。
 
次に自分のペースで仕事が出来るという点が挙げられます。
 
自分で出来そうな案件だけ選んで期日までに提出すれば良いので、内職に追われてしまうという事はありません(請け負う内容によっては、締め切りが発生する仕事もあります)。
 
時間がなければやらなくても良いですし、そのサイトに登録したからといって必ず仕事を請け負わなければいけない訳でもありません。時間のある時にやりたいだけやる、というスタンスです。
 
そして仕事の種類が非常に多いこと。
 
ただしこれはサイトによってかなり違います。私はいくつか登録してみましたが、ランサーズは仕事の種類・量とも圧倒的に多いです。自分に出来るかな?という不安もありましたが、とにかく種類が多いので、探していれば何かしら自分でも出来そうな仕事は見つかります。
 
他のサイトでも、口コミやレビューのような簡単な文章作成の仕事がありました。いくつか登録して出来そうな仕事を選んでやってみると良いでしょう。
 
そしてビックリしたのが、仕事であるにも関わらず匿名性が高いことです。
 
表向きはペンネームで公開されるため、個人を特定されるような事はまずありません。依頼内容についてクライアントと直接やり取りする機会もありますが、それもペンネームで大丈夫です。
 
ただしサイトへの登録は、本名や住所・電話番号を求められますよ。賃金の支払いも発生しますから、それは当然でしょうね。
 
 
 

クラウドソーシングのデメリット

 
もちろん良いことばかりではありません。
 
不特定多数の人へ仕事を発注するという仕組みや、内職のような働き方になるという性質から、時給単価に換算すると賃金は安いです。
 
手数料も引かれますから、ある程度は仕方ありませんね。クライアントだって高い費用を払うならプロや専門の業者へ依頼するでしょうから。
 
でも慣れてくればそれなりに割りの良い仕事も出来ます。特にシステム開発や翻訳などは報酬単価も高いです。あとは個々の技能や知識次第ですね。
 
もう一つ大きなデメリットとしては、確定申告が必要になる場合があるということです。
 
サラリーマンの場合は税金が特別聴取されていますので、給与以外の収入が年間20万円を超える際には確定申告をしなくてはなりません。
 
余談ですが、サラリーマンの方も機会があれば確定申告はやってみると良い経験になると思いますよ。さほど難しい事はありませんから。
 
 

実際にやってみて感じたこと

 
私は特別な技能や技術を有していませんから、実際にやったのは記事を書いたり(ライティング)、ネーミングやキャッチコピーを考えたりという程度です。ライティングは案件もかなり多いため、特別な経験がなくても出来そうな仕事は少なからず見つかります。
 
特定の方面で知識に長けている人は、単価の高い案件をこなすことで効率良く稼ぐことが出来るでしょう。私の今までの作業実績は平均単価150円/記事程度です。1記事に1時間以上はかかっているので決して効率が良いとは言えません。
 
しかし結果としては、やって良かったと思います。またこれからも続けてみようかなと思っています。というのも、色々な案件をこなすことで見識が広がりますし、案件毎に報酬が出るため達成感もあります。ですからコツコツと仕事をこなせる方には向いているのではないでしょうか。
 
また不明な点をクライアント様にメールで直接質問した事があるのですが、その際に「良い記事なので、ぜひ買取らせて下さい」と返事を頂いた事があります。
 
メールでのコミュニケーションを通して、社会との繋がりを実感することも出来ました。黙々とパソコンに向かっていると、こうしたやりとりは嬉しいものですね。
 
 

まとめ

 
クラウドソーシングは、パソコンとインターネット環境があれば自宅でなくても出来ます。
 
気分を変えて図書館や喫茶店など、場所を変えてやってみるのも良いかもしれませんね。本格的にフリーライター気分も味わえそうです。私はやってませんが(笑)。
 
実際にやってみて、本業のあるサラリーマン等が給与所得以外に収入を得る方法としておススメの内職です。ランサーズはデザイン関係や音楽作成といったクリエイティブな仕事もありますし、翻訳のように知識を生かせる仕事もあります。
 
無料で登録できるので、試してみたい方はどうぞ。ただし内職を禁止している会社もあるようですから、事前に良く確認して下さいね。
 
 
 
広告を非表示にする